警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

バッチ解除

パブリックファイナルクラスアンバッチ

単一出力テンソルのバッチの操作を逆にします。

Unbatchのインスタンスは、空のbatched_tensorを受け取ります。この場合、同じコンテナーとshared_nameで同時に実行されているUnbatchのインスタンスから値が使用可能になるまで非同期で待機するか、空でないbatched_tensorを受け取ります。この場合、他のすべてを同時にファイナライズします。インスタンスを実行し、バッチから独自の要素を出力します。

batched_tensor:バッチの変換された可能性のある出力。最初の次元のサイズは、操作が機能するための変換によって変更されないままである必要があります。 batch_index:Batchから取得した一致するbatch_index。 id:バッチによって発行されたidスカラー。 unbatched_tensor:この実行に対応するテンソル。 timeout_micros:opの特定の呼び出しに関連付けられたバッチ入力テンソルの受信を待機する最大時間(マイクロ秒単位)。コンテナ:リソース共有を制御するコンテナ。 shared_name:同じコンテナとshared_nameを持つUnbatchのインスタンスは、おそらく同じバッチに属していると見なされます。空のままにすると、op名が共有名として使用されます。

ネストされたクラス

クラスUnbatch.Options Unbatchオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static Unbatch.Options
コンテナ(文字列コンテナ)
static <T>アンバッチ<T>
createスコープスコープ、 Operand <T> batchedTensor、 Operand <Long> batchIndex、 Operand <Long> id、Long timeoutMicros、 Options ...オプション)
新しいUnbatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static Unbatch.Options
sharedName (String sharedName)
出力<T>

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Unbatch.Optionsコンテナ(文字列コンテナ)

public static Unbatch <T> create スコープスコープ、オペランド<T> batchedTensor、オペランド<Long> batchIndex、オペランド<Long> id、Long timeoutMicros、オプション...オプション)

新しいUnbatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Unbatchの新しいインスタンス

public static Unbatch.Options sharedName (String sharedName)

public Output <T> unbatchedTensor ()