警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ユニーク

パブリックファイナルクラスユニーク

テンソルの軸に沿って一意の要素を検索します。

この操作は、テンソルの「軸」に沿って一意の要素を含むテンソル「y」を返します。返される一意の要素は、 `x`の` axis`に沿って発生するのと同じ順序で並べ替えられます。この操作は、 `axis`次元に沿った` x`の要素の数と同じサイズのテンソル `idx`も返します。一意の出力 `y`にインデックスが含まれています。言い換えると、 `axis = Noneの` 1-D`テンソル `x`の場合:

`y [idx [i]] = x [i] for i in [0、1、...、rank(x)-1]`

例:

# tensor 'x' is [1, 1, 2, 4, 4, 4, 7, 8, 8]
 y, idx = unique(x)
 y ==> [1, 2, 4, 7, 8]
 idx ==> [0, 0, 1, 2, 2, 2, 3, 4, 4]
 
`axis = 0`の` 2-D`テンソル `x`の場合:
# tensor 'x' is [[1, 0, 0],
 #                [1, 0, 0],
 #                [2, 0, 0]]
 y, idx = unique(x, axis=0)
 y ==> [[1, 0, 0],
        [2, 0, 0]]
 idx ==> [0, 0, 1]
 
` axis = 1`の` 2-D`テンソル `x`の場合:
# tensor 'x' is [[1, 0, 0],
 #                [1, 0, 0],
 #                [2, 0, 0]]
 y, idx = unique(x, axis=1)
 y ==> [[1, 0],
        [1, 0],
        [2, 0]]
 idx ==> [0, 1, 1]
 

パブリックメソッド

static <T、Vは数値を拡張し、Uは数値を拡張>一意<T、V>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸、クラス<V> outIdx)
新しいUnique操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static <T、U extends Number> Unique <T、Integer>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しい一意の操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<V>
idx ()
1次元テンソル。
出力<T>
y ()
「テンソル」。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Unique <T、V> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸、クラス<V> outIdx)

新しいUnique操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ「テンソル」。
タイプ `int32`の` Tensor`(デフォルト:なし)。一意の要素を見つけるためのテンソルの軸。
戻り値
  • ユニークの新しいインスタンス

public static Unique <T、Integer> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<U>軸)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しい一意の操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ「テンソル」。
タイプ `int32`の` Tensor`(デフォルト:なし)。一意の要素を見つけるためのテンソルの軸。
戻り値
  • ユニークの新しいインスタンス

public Output <V> idx ()

1次元テンソル。出力yのxの各値のインデックスを含むxと同じタイプです。

パブリック出力<T> y ()

「テンソル」。 `Tensor`xの` axis`に沿った一意の要素。