警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

スタックを解除する

パブリックファイナルクラスアンスタック

ランク-`R`テンソルの指定された次元を `num`ランク-`(R-1)`テンソルにアンパックします。

`axis`次元に沿ってチッピングすることにより、` value`から `num`テンソルを解凍します。たとえば、形状 `(A、B、C、D)`のテンソルが与えられます。

`axis == 0`の場合、` output`のi番目のテンソルはスライス `value [i、:、:、:]`であり、 `output`の各テンソルは形状`(B、C、D)になります。 `。 ( `split`とは異なり、アンパックされた次元はなくなっていることに注意してください)。

`axis == 1`の場合、` output`のi番目のテンソルはスライス `value [:、i、:、:]`であり、 `output`の各テンソルは形状`(A、C、D)になります。 `。等。

これは `pack`の反対です。

ネストされたクラス

クラスUnstack.Options Unstackオプションの属性

パブリックメソッド

静的Unstack.Options
(長軸)
static <T>アンスタック<T>
createスコープスコープ、オペランド<T>値、Long num、オプション...オプション)
新しいUnstack操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<T >>
リスト<出力<T >>
出力()
`value`から解凍されたテンソルのリスト。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Unstack.Options axis (長軸)

パラメーター
開梱する寸法。負の値は折り返されるため、有効な範囲は `[-R、R)`です。

public static Unstack <T> create スコープスコープ、オペランド<T>値、長数値、オプション...オプション)

新しいUnstack操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
1次元以上、 `axis`の寸法サイズは` num`と同じです。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Unstackの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <T >> iterator ()

パブリックリスト<出力<T >>出力()

`value`から解凍されたテンソルのリスト。