警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Where3

パブリックファイナルクラスWhere3

`条件`に応じて、 `x`または` y`から要素を選択します。

`x`テンソルと` y`テンソルはすべて同じ形状である必要があり、出力もその形状になります。

`x`と` y`がスカラーの場合、 `condition`テンソルはスカラーでなければなりません。 `x`と` y`がベクトル以上の場合、 `condition`はスカラー、` x`の最初の次元に一致するサイズのベクトル、または `x`と同じ形状である必要があります。

`condition`テンソルは、各要素の値に基づいて、出力の対応する要素/行を` x`(trueの場合)または `y`(falseの場合)から取得するかどうかを選択するマスクとして機能します。

`condition`がベクトルで、` x`と `y`が上位の行列である場合、` x`と `y`からコピーする行(外次元)を選択します。 `condition`が` x`および `y`と同じ形状の場合、` x`および `y`からコピーする要素を選択します。

例:

# 'condition' tensor is [[True,  False]
 #                        [False, True]]
 # 't' is [[1, 2],
 #         [3, 4]]
 # 'e' is [[5, 6],
 #         [7, 8]]
 select(condition, t, e)  # => [[1, 6], [7, 4]]
 
 
 # 'condition' tensor is [True, False]
 # 't' is [[1, 2],
 #         [3, 4]]
 # 'e' is [[5, 6],
 #         [7, 8]]
 select(condition, t, e) ==> [[1, 2],
                              [7, 8]]
 
 

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> Where3 <T>
createスコープスコープ、オペランド<ブール>条件、オペランド<T> x、オペランド<T> y)
新しいWhere3操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
= `x`および` y`と同じタイプと形状の `Tensor`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Where3 <T> create スコープスコープ、オペランド<ブール>条件、オペランド<T> x、オペランド<T> y)

新しいWhere3操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ= `条件`と同じ形状の `テンソル`。 `condition`がランク1の場合、` x`のランクは高くなる可能性がありますが、最初の次元は `condition`のサイズと一致する必要があります。
y = `x`と同じタイプと形状の` Tensor`。
戻り値
  • Where3の新しいインスタンス

public Output <T> output ()

= `x`および` y`と同じタイプと形状の `Tensor`。