このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorFlowグラフィックのデバッグモード

Tensorflow Graphicsは、L2正規化されたテンソルと、入力が特定の範囲にあることを期待する三角関数に大きく依存しています。最適化中、更新により、これらの変数がこれらの関数にInfまたはNaN値を返す値をとらせることができます。このような問題のデバッグを簡単にするために、TensorFlow Graphicsは、アサーションをグラフに挿入して正しい範囲と戻り値の有効性をチェックするデバッグフラグを提供しています。これにより計算が遅くなる可能性があるため、デバッグフラグはデフォルトでFalse設定されています。

ユーザーは-tfg_debugフラグを設定して、コードをデバッグモードで実行できます。フラグは、最初にこれらの2つのモジュールをインポートすることによってプログラムで設定することもできます。

 from absl import flags
from tensorflow_graphics.util import tfg_flags
 

次に、次の行をコードに追加します。

 flags.FLAGS[tfg_flags.TFG_ADD_ASSERTS_TO_GRAPH].value = True