tensorflow :: ops :: QuantizedConcat

#include <array_ops.h>

量子化されたテンソルを1つの次元に沿って連結します。

概要

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • concat_dim:0-D。連結する次元。 [0、rank(values))の範囲内である必要があります。
  • 値:連結するNテンソル。それらのランクとタイプは一致する必要があり、それらのサイズはconcat_dimを除くすべての次元で一致する必要があります。
  • input_mins:各入力テンソルの最小スカラー値。
  • input_maxes:各入力テンソルの最大スカラー値。

戻り値:

  • Output出力: concat_dim次元に沿ってスタックされた値の連結を持つTensor 。このテンソルの形状は、サイズの合計があるconcat_dimを除いて、 valuesの形状と一致しvalues
  • Output output_min:最小量子化出力値が表す浮動小数点値。
  • Output output_max:最大量子化出力値が表す浮動小数点値。

コンストラクタとデストラクタ

QuantizedConcat (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input concat_dim, :: tensorflow::InputList values, :: tensorflow::InputList input_mins, :: tensorflow::InputList input_maxes)

パブリック属性

operation
output
output_max
output_min

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

output_max

::tensorflow::Output output_max

output_min

::tensorflow::Output output_min

公の行事

QuantizedConcat

 QuantizedConcat(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input concat_dim,
  ::tensorflow::InputList values,
  ::tensorflow::InputList input_mins,
  ::tensorflow::InputList input_maxes
)