tensorflow ::入力

#include <ops.h>

オペランドとして使用することができるテンソル値表す動作

概要

コンストラクタとデストラクタ

Input (const Output & o)
Inputのコンストラクターはすべて暗黙的です。
Input (const T & v)
Input (const Initializer & init)
Input (const Tensor & t)
Input (const std::initializer_list< Initializer > & init)
Input (const string & name, int32 i, DataType dt)
ノード名、インデックス、データ型を指定するコンストラクタ。

公の行事

data_type () const
DataType
index () const
int32
node () const
Node *
node_name () const
string
status () const
tensor () const
const Tensor &

構造体

tensorflow ::入力::イニシャライザ

イニシャライザは、構成可能入力このような多次元配列を表す単純なプリミティブ定数およびネストされた初期リストとしてC ++定数の各種のオブジェクト。

公の行事

入力

 Input(
  const Output & o
)

Inputのコンストラクターはすべて暗黙的です。

入力は、次のオブジェクトから暗黙的に構築できます。

  • 出力:これは、操作の出力を、入力を受け取るopラッパーへの入力として直接使用できるようにするためです。
  • スカラー、または再帰的初期化子リストとして指定された多次元テンソル。これにより、定数をopラッパーへの入力として直接渡すことができます。
  • Tensorオブジェクト。

入力

 Input(
  const T & v
)

入力

 Input(
  const Initializer & init
)

入力

 Input(
  const Tensor & t
)

入力

 Input(
  const std::initializer_list< Initializer > & init
)

入力

 Input(
  const string & name,
  int32 i,
  DataType dt
)

ノード名、インデックス、データ型を指定するコンストラクタ。

これは、制御フローに必要な後方エッジを指定するためにのみ使用する必要があります。

データ・タイプ

DataType data_type() const 

インデックス

int32 index() const 

ノード

Node * node() const 

node_name

string node_name() const 

状態

Status status() const 

テンソル

const Tensor & tensor() const