MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow ::入力::イニシャライザー

#include <ops.h>

イニシャライザは、構成可能入力このような多次元配列を表す単純なプリミティブ定数およびネストされた初期リストとしてC ++定数の各種のオブジェクト。

概要

イニシャライザーコンストラクターはすべてテンプレートであるため、前述の種類のC ++定数を使用してイニシャライザーを構築できます。 イニシャライザは、構築された値をTensorオブジェクトに格納します。

コンストラクタとデストラクタ

Initializer (const T & v)
算術型または文字列に変換できる型のスカラー値から構築します(例:
Initializer (const Tensor & t)
Initializer (const T & v, const TensorShape & shape)
スカラー値と明示的な形状から構築します。
Initializer (const std::initializer_list< T > & v)
スカラーの初期化リスト(1次元テンソル)から構築します。
Initializer (const std::initializer_list< T > & v, const TensorShape & shape)
スカラーと明示的な形状の初期化リストから構築します。
Initializer (const std::initializer_list< Initializer > & v)
ネストされた初期化子リストから多次元テンソルを作成します。

パブリック属性

status
tensor

公の行事

AsTensorProto ()
TensorProto

パブリック属性

状態

Status tensorflow::Input::Initializer::status

テンソル

Tensor tensorflow::Input::Initializer::tensor

公の行事

AsTensorProto

TensorProto tensorflow::Input::Initializer::AsTensorProto()

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const T & v
)

算術型または文字列に変換できる型のスカラー値から構築します(例:

文字列リテラル)。

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const Tensor & t
)

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const T & v,
  const TensorShape & shape
)

スカラー値と明示的な形状から構築します。

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< T > & v
)

スカラーの初期化リスト(1次元テンソル)から構築します。

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< T > & v,
  const TensorShape & shape
)

スカラーと明示的な形状の初期化リストから構築します。

イニシャライザー

 tensorflow::Input::Initializer::Initializer(
  const std::initializer_list< Initializer > & v
)

ネストされた初期化子リストから多次元テンソルを作成します。

C ++構文では、任意に型指定された初期化子リストをネストできるため、このような無効な初期化子をコンパイル時に禁止することはできません。この関数は、ネストされた初期化子リストが実際に有効な多次元テンソルであることを確認するためのチェックを実行します。