tensorflow :: ops :: ReaderReadUpTo

#include <io_ops.h>

リーダーによって生成された最大num_records (キー、値)のペアを返します。

概要

必要に応じて入力キューからデキューします(たとえば、リーダーが前のファイルで終了したために新しいファイルからの読み取りを開始する必要がある場合)。最後のバッチの前であっても、 num_records未満を返す場合があります。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • reader_handle: Readerへのハンドル。
  • queue_handle:文字列ワークアイテムを含むQueueへのハンドル。
  • num_records: Readerから読み取るレコードの数。

戻り値:

  • Outputキー:1次元テンソル。
  • Output値:1次元テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

ReaderReadUpTo (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input reader_handle, :: tensorflow::Input queue_handle, :: tensorflow::Input num_records)

パブリック属性

keys
operation
values

パブリック属性

キー

::tensorflow::Output keys

操作

Operation operation

::tensorflow::Output values

公の行事

ReaderReadUpTo

 ReaderReadUpTo(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input reader_handle,
  ::tensorflow::Input queue_handle,
  ::tensorflow::Input num_records
)