tensorflow :: ops :: SparseAdd

#include <sparse_ops.h>

2つのSparseTensorオブジェクトを追加して、別のSparseTensorを生成しSparseTensor

概要

入力SparseTensorオブジェクトのインデックスは、標準の辞書式順序で順序付けられていると見なされます。そうでない場合は、このステップの前にSparseReorderを実行してインデックスの順序を復元します。

デフォルトでは、あるインデックスで2つの値の合計がゼロになった場合でも、出力SparseTensorはその特定の場所をインデックスに含め、対応する値スロットにゼロを格納します。これをオーバーライドするために、呼び出し元はthreshを指定できます。これは、合計の大きさがthreshよりも厳密に小さい場合、対応する値とインデックスが含まれないことを示します。特に、 thresh == 0 (デフォルト)は、すべてが保持され、実際のしきい値が正の値に対してのみ発生することを意味します。

以下の形状では、 nnz服用後のカウントであるthresh考慮。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • a_indices:2-D。最初のSparseTensorindices 、サイズ[nnz, ndims]行列。
  • a_values:1-D。最初のSparseTensorvalues 、サイズ[nnz]ベクトル。
  • a_shape:1-D。最初のSparseTensorshape 、サイズ[ndims]ベクトル。
  • b_indices:2-D。 2番目のSparseTensorindices 、サイズ[nnz, ndims]行列。
  • b_values:1-D。 2番目のSparseTensorvalues 、サイズ[nnz]ベクトル。
  • b_shape:1-D。 2番目のSparseTensorshape 、サイズ[ndims]ベクトル。
  • しきい値:0-D。出力値/インデックスのペアがスペースを取るかどうかを決定する大きさのしきい値。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

SparseAdd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input a_indices, :: tensorflow::Input a_values, :: tensorflow::Input a_shape, :: tensorflow::Input b_indices, :: tensorflow::Input b_values, :: tensorflow::Input b_shape, :: tensorflow::Input thresh)

パブリック属性

operation
sum_indices
sum_shape
sum_values

パブリック属性

操作

Operation operation

sum_indices

::tensorflow::Output sum_indices

sum_shape

::tensorflow::Output sum_shape

sum_values

::tensorflow::Output sum_values

公の行事

SparseAdd

 SparseAdd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input a_indices,
  ::tensorflow::Input a_values,
  ::tensorflow::Input a_shape,
  ::tensorflow::Input b_indices,
  ::tensorflow::Input b_values,
  ::tensorflow::Input b_shape,
  ::tensorflow::Input thresh
)