tensorflow :: ops :: StringToHashBucketFast

#include <string_ops.h>

入力Tensorの各文字列を、いくつかのバケットによってハッシュmodに変換します。

概要

ハッシュ関数は、プロセス内の文字列の内容に対して決定論的であり、変更されることはありません。ただし、暗号化には適していません。この関数は、CPU時間が不足していて、入力が信頼できるか重要でない場合に使用できます。攻撃者がすべて同じバケットにハッシュする入力を作成するリスクがあります。この問題を防ぐには、 tf.string_to_hash_bucket_strong強力なハッシュ関数をtf.string_to_hash_bucket_strongます。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • input:ハッシュバケットを割り当てる文字列。
  • num_buckets:バケットの数。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

StringToHashBucketFast (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, int64 num_buckets)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

StringToHashBucketFast

 StringToHashBucketFast(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  int64 num_buckets
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const