MLコミュニティデーは11月9日です! TensorFlow、JAXからの更新のために私たちに参加し、より多くの詳細をご覧ください

tensorflow :: ops :: Conv2D :: Attrs

#include <nn_ops.h>

Conv2Dのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

data_format_ = "NHWC"
StringPiece
dilations_ = Default_dilations()
gtl::ArraySlice< int >
explicit_paddings_ = {}
gtl::ArraySlice< int >
use_cudnn_on_gpu_ = true
bool

公の行事

DataFormat (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
入力データと出力データのデータ形式を指定します。
Dilations (const gtl::ArraySlice< int > & x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
長さ4の1-Dテンソル。
ExplicitPaddings (const gtl::ArraySlice< int > & x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
padding"EXPLICIT"場合、明示的なパディング量のリスト。
UseCudnnOnGpu (bool x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
デフォルトはtrueです。

パブリック属性

data_format_

StringPiece tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::data_format_ = "NHWC"

dilations_

gtl::ArraySlice< int > tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::dilations_ = Default_dilations()

明示的なパディング_

gtl::ArraySlice< int > tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::explicit_paddings_ = {}

use_cudnn_on_gpu_

bool tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::use_cudnn_on_gpu_ = true

公の行事

DataFormat

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::DataFormat(
  StringPiece x
)

入力データと出力データのデータ形式を指定します。

デフォルトのフォーマット「NHWC」では、データは[バッチ、高さ、幅、チャネル]の順序で保存されます。または、形式は「NCHW」、データの保存順序は[バッチ、チャネル、高さ、幅]です。

デフォルトは「NHWC」

膨張

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::Dilations(
  const gtl::ArraySlice< int > & x
)

長さ4の1-Dテンソル。

input各次元の膨張係数。 k> 1に設定すると、その次元の各フィルター要素の間にk-1個のスキップされたセルがあります。次元の順序は、 data_formatの値によって決定されます。詳細については、上記を参照してください。バッチおよび深さ寸法の膨張は1でなければなりません。

デフォルトは[1、1、1、1]です。

ExplicitPaddings

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::ExplicitPaddings(
  const gtl::ArraySlice< int > & x
)

padding"EXPLICIT"場合、明示的なパディング量のリスト。

i番目の次元の場合、次元の前後に挿入されるパディングの量は、それぞれexplicit_paddings[2 * i]explicit_paddings[2 * i + 1]です。 padding"EXPLICIT"でない場合、 explicit_paddingsは空である必要があります。

デフォルトは[]

UseCudnnOnGpu

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::Conv2D::Attrs::UseCudnnOnGpu(
  bool x
)

デフォルトはtrueです。