このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ClientSession

#include <client_session.h>

ClientSessionオブジェクトを使用すると、呼び出し元はC ++ APIで作成されたTensorFlowグラフの評価を実行できます。

概要

例:

Scope root = Scope::NewRootScope();
auto a = Placeholder(root, DT_INT32);
auto c = Add(root, a, {41});

ClientSession session(root);
std::vector outputs;

Status s = session.Run({ {a, {1}} }, {c}, &outputs);
if (!s.ok()) { ... }  

コンストラクタとデストラクタ

ClientSession (const Scope & scope, const string & target)
target指定されたTensorFlowランタイムに接続して、 scope含まれるグラフを評価する新しいセッションを作成します。
ClientSession (const Scope & scope)
上記と同じですが、ターゲット指定として空の文字列( "")を使用します。
ClientSession (const Scope & scope, const SessionOptions & session_options)
新しいセッションを作成し、 session_optionsで構成します。
~ClientSession ()

パブリックタイプ

CallableHandle typedef
int64
ClientSession::MakeCallable()で作成されたサブグラフへのハンドル。
FeedType typedef
std::unordered_map< Output , Input::Initializer , OutputHash >
Run呼び出しへのフィードを表すデータ型。

公開機能

MakeCallable (const CallableOptions & callable_options, CallableHandle *out_handle)
callable_options定義されたサブグラフを呼び出すためのhandleを作成します。
ReleaseCallable ( CallableHandle handle)
このセッションで指定されたhandleに関連付けられているリソースを解放します。
Run (const std::vector< Output > & fetch_outputs, std::vector< Tensor > *outputs) const
fetch_outputsのテンソルを評価しfetch_outputs
Run (const FeedType & inputs, const std::vector< Output > & fetch_outputs, std::vector< Tensor > *outputs) const
上記と同じですが、 inputsのマッピングをフィードとして使用します。
Run (const FeedType & inputs, const std::vector< Output > & fetch_outputs, const std::vector< Operation > & run_outputs, std::vector< Tensor > *outputs) const
同上。さらに、ins run_outputs操作を実行します。
Run (const RunOptions & run_options, const FeedType & inputs, const std::vector< Output > & fetch_outputs, const std::vector< Operation > & run_outputs, std::vector< Tensor > *outputs, RunMetadata *run_metadata) const
run_optionsを使用して、パフォーマンスプロファイリングをオンにします。
RunCallable ( CallableHandle handle, const std::vector< Tensor > & feed_tensors, std::vector< Tensor > *fetch_tensors, RunMetadata *run_metadata)
指定されたオプションと入力テンソルを使用して、 handleで指定されたサブグラフを呼び出します。
RunCallable ( CallableHandle handle, const std::vector< Tensor > & feed_tensors, std::vector< Tensor > *fetch_tensors, RunMetadata *run_metadata, const thread::ThreadPoolOptions & options)
指定されたオプションと入力テンソルを使用して、 handleで指定されたサブグラフを呼び出します。

パブリックタイプ

CallableHandle

int64 CallableHandle

ClientSession::MakeCallable()で作成されたサブグラフへのハンドル。

FeedType

std::unordered_map< Output, Input::Initializer, OutputHash > FeedType

Run呼び出しへのフィードを表すデータ型。

これは、op-constructorsによって返されるOutputオブジェクトのマップであり、それらにフィードするために使用されます。フィード値として使用できるものの詳細については、 Input::Initializerを参照してください。

公開機能

ClientSession

 ClientSession(
  const Scope & scope,
  const string & target
)

target指定されたTensorFlowランタイムに接続して、 scope含まれるグラフを評価する新しいセッションを作成します。

ClientSession

 ClientSession(
  const Scope & scope
)

上記と同じですが、ターゲットの指定として空の文字列( "")を使用します。

ClientSession

 ClientSession(
  const Scope & scope,
  const SessionOptions & session_options
)

新しいセッションを作成し、 session_optionsで構成します。

MakeCallable

Status MakeCallable(
  const CallableOptions & callable_options,
  CallableHandle *out_handle
)

callable_options定義されたサブグラフを呼び出すためのhandleを作成します。

注:このAPIはまだ実験段階であり、変更される可能性があります。

ReleaseCallable

Status ReleaseCallable(
  CallableHandle handle
)

このセッションで指定されたhandleに関連付けられているリソースを解放します。

注:このAPIはまだ実験段階であり、変更される可能性があります。

走る

Status Run(
  const std::vector< Output > & fetch_outputs,
  std::vector< Tensor > *outputs
) const 

fetch_outputsのテンソルを評価しfetch_outputs

値はTensorオブジェクトとしてoutputs返されoutputsoutputsの数と順序はfetch_outputsと一致しfetch_outputs

走る

Status Run(
  const FeedType & inputs,
  const std::vector< Output > & fetch_outputs,
  std::vector< Tensor > *outputs
) const 

上記と同じですが、 inputsのマッピングをフィードとして使用します。

走る

Status Run(
  const FeedType & inputs,
  const std::vector< Output > & fetch_outputs,
  const std::vector< Operation > & run_outputs,
  std::vector< Tensor > *outputs
) const 

同上。さらに、操作をins run_outputs実行します。

走る

Status Run(
  const RunOptions & run_options,
  const FeedType & inputs,
  const std::vector< Output > & fetch_outputs,
  const std::vector< Operation > & run_outputs,
  std::vector< Tensor > *outputs,
  RunMetadata *run_metadata
) const 

run_optionsを使用して、パフォーマンスプロファイリングをオンにします。

run_metadata nullでない場合は、プロファイリング結果が入力されます。

RunCallable

Status RunCallable(
  CallableHandle handle,
  const std::vector< Tensor > & feed_tensors,
  std::vector< Tensor > *fetch_tensors,
  RunMetadata *run_metadata
)

指定されたオプションと入力テンソルを使用して、 handleで指定されたサブグラフを呼び出します。

中テンソルの順序feed_tensorsの名前の順序と一致する必要がありますCallableOptions::feed()とにおけるテンソルの順fetch_tensorsの名前の順序と一致しますCallableOptions::fetch()この部分グラフが作成されました。注:このAPIはまだ実験段階であり、変更される可能性があります。

RunCallable

Status RunCallable(
  CallableHandle handle,
  const std::vector< Tensor > & feed_tensors,
  std::vector< Tensor > *fetch_tensors,
  RunMetadata *run_metadata,
  const thread::ThreadPoolOptions & options
)

指定されたオプションと入力テンソルを使用して、 handleで指定されたサブグラフを呼び出します。

中テンソルの順序feed_tensorsの名前の順序と一致する必要がありますCallableOptions::feed()とにおけるテンソルの順fetch_tensorsの名前の順序と一致しますCallableOptions::fetch()この部分グラフが作成されました。注:このAPIはまだ実験段階であり、変更される可能性があります。

〜ClientSession

 ~ClientSession()