このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: バリア

#include <data_flow_ops.h>

さまざまなグラフ実行にわたって持続するバリアを定義します。

まとめ

バリアは、キーと値のマップを表します。各キーは文字列であり、各値はテンソルのタプルです。

実行時に、バリアには「完全な」要素と「不完全な」要素が含まれます。完全な要素には、その値タプルのすべてのコンポーネントのテンソルが定義されており、 BarrierTakeManyを使用してアクセスできます。不完全な要素の値タプルには未定義のコンポーネントがいくつかあり、 BarrierInsertManyを使用して更新できます。

引数:

  • scope: Scopeオブジェクト
  • component_types:値の各コンポーネントのタイプ。

オプションの属性( Attrs参照):

  • shapes:値の各コンポーネントの形状。各形状は、最初の次元で1でなければなりません。このattrの長さは、component_typesの長さと同じでなければなりません。
  • 容量:バリアの容量。デフォルトの容量はMAX_INT32で、これは基礎となるキューの最大容量です。
  • コンテナ:空でない場合、このバリアは指定されたコンテナに配置されます。それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。
  • shared_name:空でない場合、このバリアは指定された名前で複数のセッションにわたって共有されます。

返品:

  • Output :バリアへのハンドル。

コンストラクタとデストラクタ

Barrier (const :: tensorflow::Scope & scope, const DataTypeSlice & component_types)
Barrier (const :: tensorflow::Scope & scope, const DataTypeSlice & component_types, const Barrier::Attrs & attrs)

公開属性

handle
operation

公開機能

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Capacity (int64 x)
Container (StringPiece x)
Shapes (const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x)
SharedName (StringPiece x)

構造

tensorflow :: ops :: Barrier :: Attrs

Barrierのオプションの属性セッター。

公開属性

ハンドル

::tensorflow::Output handle

運営

Operation operation

公開機能

バリア

 Barrier(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  const DataTypeSlice & component_types
)

バリア

 Barrier(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  const DataTypeSlice & component_types,
  const Barrier::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

容量

Attrs Capacity(
  int64 x
)

コンテナ

Attrs Container(
  StringPiece x
)

Attrs Shapes(
  const gtl::ArraySlice< PartialTensorShape > & x
)

SharedName

Attrs SharedName(
  StringPiece x
)