警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Fill

パブリックファイナルクラスフィル

スカラー値で満たされたテンソルを作成します。

この操作は、形状 `dims`のテンソルを作成し、それを` value`で埋めます。

例:

# Output tensor has shape [2, 3].
 fill([2, 3], 9) ==> [[9, 9, 9]
                      [9, 9, 9]]
 
`tf.fill`はいくつかの点で `tf.constant`と異なります。
  • `tf.fill`はスカラーコンテンツのみをサポートしますが、` tf.constant`はテンソル値をサポートします。
  • `tf.fill`は、実行時に実際のTensor値を構築するOpを計算グラフに作成します。これは、Tensor全体を `Const`ノードでグラフに埋め込む` tf.constant`とは対照的です。
  • `tf.fill`はグラフの実行時に評価されるため、` tf.constant`とは異なり、他の実行時テンソルに基づく動的形状をサポートします。

パブリックメソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <U、T extends Number> Fill <U>
createスコープスコープ、オペランド<T>調光、オペランド<U>値)
新しいFill操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <U> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Fill <U> create スコープスコープ、オペランド<T>調光、オペランド<U>値)

新しいFill操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
薄暗い1-D。出力テンソルの形状を表します。
0-D(スカラー)。返されたテンソルを埋める値。

戻り値
  • 塗りつぶしの新しいインスタンス

public Output <U> output ()