このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.fill

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

スカラー値で埋めテンソルを作成します。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

参照してくださいtf.onestf.zerostf.one_hottf.eye

この操作は、形状のテンソル作成dimsし、それを満たすvalue

例えば:

tf.fill([2, 3], 9)
<tf.Tensor: shape=(2, 3), dtype=int32, numpy=
array([[9, 9, 9],
       [9, 9, 9]], dtype=int32)>

tf.fill他のランタイムに基づいてグラフランタイムと支持動的形状で評価しtf.Tensorsとは異なり、 tf.constant(value, shape=dims)として値を埋め込む、 Constノード。

dims 非負数の1次元配列。出力の形状を表すtf.Tensor 。エントリは型でなければなりません: int32int64
value 値が返さ埋めるためtf.Tensor
name オプションの文字列。出力の名前tf.Tensor

tf.Tensor形状とdimsと同じDTYPE value

InvalidArgumentError dims 、負のエントリが含まれています。
NotFoundError dims非整数のエントリが含まれています。

numpyの互換性

同様にnp.full 。でnumpy 、より多くのパラメータがサポートされています。形状(AS番号の引数を渡すnp.full(5, value) )に有効でnumpy TensorFlowこの構文をサポートしていないが、1-D形状の結果を指定します。