警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

InfeedEnqueueTuple

パブリック最終クラスInfeedEnqueueTuple

複数のテンソル値をXLAタプルとして計算にフィードします。

ネストされたクラス

クラスInfeedEnqueueTuple.Options InfeedEnqueueTupleオプションの属性

パブリックメソッド

静的InfeedEnqueueTuple
createスコープスコープ、反復可能<オペランド<?>>入力、リスト<形状>形状、オプション...オプション)
新しいInfeedEnqueueTuple操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的InfeedEnqueueTuple.Options
deviceOrdinal (長いdeviceOrdinal)
静的InfeedEnqueueTuple.Options
レイアウト(List <Long>レイアウト)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static InfeedEnqueueTuple create スコープスコープ、反復可能<オペランド<?>>入力、リスト<形状>形状、オプション...オプション)

新しいInfeedEnqueueTuple操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力インフィードメカニズムを使用して提供されるテンソルのリスト。
`入力`の各テンソルの形状。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • InfeedEnqueueTupleの新しいインスタンス

public static InfeedEnqueueTuple.Options deviceOrdinal (Long deviceOrdinal)

パラメーター
deviceOrdinal使用するTPUデバイス。これは、OpがTPUデバイスで実行されている場合は-1であり、OpがCPUデバイスで実行されている場合は> = 0である必要があります。

public static InfeedEnqueueTuple.Optionsレイアウト(List <Long>レイアウト)

パラメーター
レイアウト「shapes」入力に形状が表示される順序で、すべてのタプル形状に対してマイナーからメジャーの順序で要求されたレイアウトを保持するベクトル。サブシェイプのレイアウト要素は-1に設定できます。その場合、対応するレイアウトはインフィード操作によって計算されます。