警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

LMDBDataset

パブリック最終クラスLMDBDataset

1つ以上のLMDBファイルでキーと値のペアを出力するデータセットを作成します。

Lightning Memory-Mapped Database Manager(LMDB)は、組み込みのバイナリキー値データベースです。このデータセットは、LMDBデータベースファイルの内容を読み取ることができます。LMDBデータベースファイルの名前には、通常、 `.mdb`サフィックスが付いています。

各出力要素は、スカラー文字列 `Tensor`のペアとして表されるキーと値のペアで構成されます。最初の` Tensor`にはキーが含まれ、2番目の `Tensor`には値が含まれます。

LMDBは、ビッグエンディアンマシンとリトルエンディアンマシンで異なるファイル形式を使用します。 `LMDBDataset`は、ホストマシンの形式のファイルのみを読み取ることができます。

パブリックメソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的LMDBDataset
createスコープスコープ、オペランド<文字列>ファイル名、リスト<クラス<?>> outputTypes、リスト<シェイプ> outputShapes)
新しいLMDBDataset操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<?>

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Object> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static LMDBDataset create スコープスコープ、オペランド<文字列>ファイル名、リスト<クラス<?>> outputTypes、リスト<形状> outputShapes)

新しいLMDBDataset操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ファイル名読み取るバイナリファイルの名前を含むスカラーまたはベクトル。
戻り値
  • LMDBDatasetの新しいインスタンス

パブリック出力<?>ハンドル()