警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

OutfeedDequeueTupleV2

パブリックファイナルクラスOutfeedDequeueTupleV2

計算アウトフィードから複数の値を取得します。 Device ordinalは、動的なアウトフィードを可能にするテンソルです。

この操作は、データが利用可能になるまで無期限にブロックされます。出力 `i`はXLAタプル要素` i`に対応します。

パブリックメソッド

静的OutfeedDequeueTupleV2
createスコープスコープ、オペランド<整数> deviceOrdinal、リスト<クラス<?>> dtypes、リスト<シェイプ>シェイプ)
新しいOutfeedDequeueTupleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<オブジェクト>>
リスト<出力<?>>
出力()
アウトフィードから読み取られるテンソルのリスト。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static OutfeedDequeueTupleV2 create スコープスコープ、オペランド<整数> deviceOrdinal、リスト<クラス<?>> dtypes、リスト<シェイプ>シェイプ)

新しいOutfeedDequeueTupleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
deviceOrdinal使用するTPUデバイスを表すintスカラーテンソル。これは、OpがTPUデバイスで実行されている場合は-1であり、OpがCPUデバイスで実行されている場合は> = 0である必要があります。
dtypes `outputs`の各要素の要素タイプ。
`出力`の各テンソルの形状。
戻り値
  • OutfeedDequeueTupleV2の新しいインスタンス

public Iterator < Operand <Object >> iterator ()

public List <出力<?>>出力()

アウトフィードから読み取られるテンソルのリスト。