警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ParseExampleDatasetV2

パブリックファイナルクラスParseExampleDatasetV2

DT_STRINGのベクトルとして `Example`プロトを含む` input_dataset`を、解析された特徴を表す `Tensor`または` SparseTensor`オブジェクトのデータセットに変換します。

ネストされたクラス

クラスParseExampleDatasetV2.Options ParseExampleDatasetV2オプションの属性

パブリックメソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static ParseExampleDatasetV2
createスコープスコープ、 Operand <?> inputDataset、 Operand <Long> numParallelCalls、Iterable < Operand <?>> densityDefaults、List <String> sparseKeys、List <String> densityKeys、List <Class <?>> sparseTypes、List < Shape > densityShapes、List <Class <?>> outputTypes、List < Shape > outputShapes、List <Class <?>> raggedValueTypes、List <Class <?>> raggedSplitTypes、 Options ... options)
新しいParseExampleDatasetV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static ParseExampleDatasetV2.Options
deterministic (文字列deterministic)
出力<?>
static ParseExampleDatasetV2.Options
raggedKeys (List <String> raggedKeys)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Object> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ParseExampleDatasetV2 create Scope scope、 Operand <?> inputDataset、 Operand <Long> numParallelCalls、Iterable < Operand <?>> densityDefaults、List <String> sparseKeys、List <String> densityKeys、List <Class <?>> sparseTypes、 List < Shape > densityShapes、List <Class <?>> outputTypes、List < Shape > outputShapes、List <Class <?>> raggedValueTypes、List <Class <?>> raggedSplitTypes、 Options ... options)

新しいParseExampleDatasetV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
densityDefaults文字列キーを `Tensor`にマッピングするdict。 dictのキーは、機能のdense_keysと一致する必要があります。
sparseKeys例の機能の文字列キーのリスト。これらのキーの結果は、 `SparseTensor`オブジェクトとして返されます。
密度の高いキーNdense文字列テンソル(スカラー)のリスト。密な値に関連付けられたサンプル機能で期待されるキー。
sparseTypes `sparse_keys`と同じ長さの` DTypes`のリスト。 `tf.float32`(` FloatList`)、 `tf.int64`(` Int64List`)、および `tf.string`(` BytesList`)のみがサポートされています。
密な形`dense_keys`と同じ長さのタプルのリスト。 `dense_keys`によって参照される各密な特徴のデータの形状。 `dense_keys`で識別される入力テンソルに必要です。完全に定義されているか、不明な最初の次元が含まれている可能性があります。不明な最初の次元は、フィーチャが可変数のブロックを持つものとして扱われ、この次元に沿った出力形状がグラフの作成時に不明であると見なされることを意味します。パディングは、この次元に沿った特定のフィーチャの最大ブロック数よりも小さいミニバッチ要素に適用されます。
outputTypes戻り値の型リスト。
outputShapes作成されている形状のリスト。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ParseExampleDatasetV2の新しいインスタンス

public static ParseExampleDatasetV2.Options deterministic (String deterministic)

パラメーター
決定論的使用するopレベルの決定論を示す文字列。 Deterministicは、返される次の要素が使用できない場合にデータセットが要素を順不同で返すことを許可するかどうかを制御しますが、後の要素は使用できます。オプションは、「true」、「false」、および「default」です。 「デフォルト」は、決定論が `tf.data.Options`の` experimental_deterministic`パラメータによって決定されるべきであることを示します。

パブリック出力<?>ハンドル()

public static ParseExampleDatasetV2.Options raggedKeys (List <String> raggedKeys)