警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ParseExampleV2

パブリックファイナルクラスParseExampleV2

tf.Exampleプロトのベクトル(文字列として)を型付きテンソルに変換します。

パブリックメソッド

静的ParseExampleV2
createスコープスコープ、オペランド<文字列>シリアル化、オペランド<文字列>名、オペランド<文字列> sparseKeys、オペランド<文字列>高密度キー、オペランド<文字列> raggedKeys、反復可能<オペランド<?>>高密度デフォルト、ロングnumSparse、リスト<クラス<?>> sparseTypes、List <Class <?>> raggedValueTypes、List <Class <?>> raggedSplitTypes、List < Shape > densityShapes)
新しいParseExampleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
raggedValues ()
リスト<出力<ロング>>
リスト<出力<ロング>>
sparseShapes ()
リスト<出力<?>>
sparseValues ()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static ParseExampleV2 create スコープスコープ、オペランド<文字列>シリアル化、オペランド<文字列>名、オペランド<文字列> sparseKeys、オペランド<文字列>高密度キー、オペランド<文字列> raggedKeys、反復可能<オペランド<?>>高密度デフォルト、ロングnumSparse、 List <Class <?>> sparseTypes、List <Class <?>> raggedValueTypes、List <Class <?>> raggedSplitTypes、List < Shape > densityShapes)

新しいParseExampleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
シリアル化バイナリシリアル化されたサンプルプロトを含むスカラーまたはベクトル。
名前シリアル化されたプロトの名前を含むテンソル。 「シリアル化された」テンソルと1:1で対応します。たとえば、対応するシリアル化されたプロトのテーブルキー(説明)名を含めることができます。これらはデバッグの目的で純粋に役立ち、ここに値が存在しても出力には影響しません。名前がない場合は、空のベクトルになることもあります。空でない場合、このテンソルは「シリアル化」と同じ形状である必要があります。
sparseKeys文字列のベクトル。スパース値に関連付けられた例の機能で期待されるキー。
密度の高いキー文字列のベクトル。密な値に関連付けられた例の機能で期待されるキー。
raggedKeys文字列のベクトル。不規則な値に関連付けられた例の機能で期待されるキー。
densityDefaultsテンソルのリスト(空の場合もあります)。 `dense_keys`と1:1で対応します。例のfeature_mapにdense_key [j]がない場合、dense_defaults [j]はデフォルト値を提供します。空のテンソルがdense_defaults [j]に提供されている場合、機能dense_keys [j]が必要です。入力タイプは、空の場合でも、dense_defaults [j]から推測されます。 density_defaults [j]が空ではなく、dense_shapes [j]が完全に定義されている場合、dense_defaults [j]の形状はdense_shapes [j]の形状と一致する必要があります。 density_shapes [j]に未定義の主要な次元がある場合(変数は密な特徴をストライドします)、dense_defaults [j]には単一の要素(パディング要素)が含まれている必要があります。
numSparseスパースキーの数。
sparseTypes `num_sparse`タイプのリスト。 sparse_keysで指定された各機能のデータのデータ型。現在、ParseExampleは、DT_FLOAT(FloatList)、DT_INT64(Int64List)、およびDT_STRING(BytesList)をサポートしています。
raggedValueTypes `num_ragged`タイプのリスト。 ragged_keysで指定された各機能のデータのデータ型(ここで、 `num_ragged = sparse_keys.size()`)。現在、ParseExampleは、DT_FLOAT(FloatList)、DT_INT64(Int64List)、およびDT_STRING(BytesList)をサポートしています。
raggedSplitTypes `num_ragged`タイプのリスト。 ragged_keys( `num_ragged = sparse_keys.size()`)で指定された各機能のrow_splitsのデータ型。 DT_INT32またはDT_INT64の場合があります。
密な形`num_dense`形状のリスト。密度キーで指定された各機能のデータの形状(ここで、 `num_dense = density_keys.size()`)。 density_key [j]に対応するFeatureの要素の数は、dense_shapes [j] .NumEntries()と常に等しくなければなりません。 density_shapes [j] ==(D0、D1、...、DN)の場合、出力テンソルの形状dense_values [j]は(| serialized |、D0、D1、...、DN)になります。バッチごとに行スタックされた入力のみ。これは、dense_shapes [j] =(-1、D1、...、DN)に対して機能します。この場合、出力Tensordensity_values [j]の形状は(| serialized |、M、D1、..、DN)になります。ここで、Mは長さD1 * .... * DNの要素の最大ブロック数です。 、入力内のすべてのミニバッチエントリにわたって。長さD1 * ... * DNの要素のブロックがM未満のミニバッチエントリには、2番目の次元に沿って対応するdefault_valueスカラー要素が埋め込まれます。
戻り値
  • ParseExampleV2の新しいインスタンス

public List <出力<?>> densityValues ()

public List < Output <?>> raggedRowSplits ()

public List < Output <?>> raggedValues ()

public List < Output <Long >> sparseIndices ()

public List < Output <Long >> sparseShapes ()

public List < Output <?>> sparseValues ()