警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ParseSequenceExampleV2

パブリックファイナルクラスParseSequenceExampleV2

tf.io.SequenceExampleプロトのベクトル(文字列として)を型付きテンソルに変換します。

ネストされたクラス

クラスParseSequenceExampleV2.Options ParseSequenceExampleV2オプションの属性

パブリックメソッド

static ParseSequenceExampleV2.Options
NcontextSparse (Long NcontextSparse)
static ParseSequenceExampleV2.Options
NfeatureListDense (長いNfeatureListDense)
static ParseSequenceExampleV2.Options
NfeatureListSparse (長いNfeatureListSparse)
static ParseSequenceExampleV2.Options
contextDenseShapes (List < Shape > contextDenseShapes)
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<ロング>>
リスト<出力<ロング>>
リスト<出力<?>>
静的ParseSequenceExampleV2
createスコープスコープ、 Operand <String>シリアル化、 Operand <String> debugName、 Operand <String> contextSparseKeys、 Operand <String> contextDenseKeys、 Operand <String> contextRaggedKeys、 Operand <String> featureListSparseKeys、 Operand <String> featureListDenseKeys、 Operand <String > featureListRaggedKeys、 Operand <ブール> featureListDenseMissingAssumedEmpty、Iterable <オペランド<?>> contextDenseDefaults、List <Class <?>> contextSparseTypes、List <Class <?>> contextRaggedValueTypes、List <Class <?>> contextRaggedSplitTypes、List <Class <? >> featureListDenseTypes、List <Class <?>> featureListSparseTypes、List <Class <?>> featureListRaggedValueTypes、List <Class <?>> featureListRaggedSplitTypes、オプション...オプション)
新しいParseSequenceExampleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
リスト<出力<ロング>>
static ParseSequenceExampleV2.Options
featureListDenseShapes (List < Shape > featureListDenseShapes)
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<?>>
リスト<出力<ロング>>
リスト<出力<ロング>>
リスト<出力<?>>

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static ParseSequenceExampleV2.Options NcontextSparse (Long NcontextSparse)

public static ParseSequenceExampleV2.Options NfeatureListDense (Long NfeatureListDense)

public static ParseSequenceExampleV2.Options NfeatureListSparse (Long NfeatureListSparse)

public static ParseSequenceExampleV2.Options contextDenseShapes (List < Shape > contextDenseShapes)

パラメーター
contextDenseShapes Ncontext_denseシェイプのリスト。各コンテキストのデータの形状context_dense_keysで指定された機能。 context_dense_key [j]に対応する機能の要素の数は、常にcontext_dense_shapes [j] .NumEntries()と等しくなければなりません。 context_dense_values [j]の形状は、context_dense_shapes [j]と一致します。

public List <出力<?>> contextDenseValues ()

public List <出力<?>> contextRaggedRowSplits ()

public List < Output <?>> contextRaggedValues ()

public List < Output <Long >> contextSparseIndices ()

public List < Output <Long >> contextSparseShapes ()

public List <出力<?>> contextSparseValues ()

public static ParseSequenceExampleV2 create スコープスコープ、 Operand <String>シリアル化、 Operand <String> debugName、 Operand <String> contextSparseKeys、 Operand <String> contextDenseKeys、 Operand <String> contextRaggedKeys、 Operand <String> featureListSparseKeys、 Operand <String> featureListDenseKeys、オペランド<String> featureListRaggedKeys、オペランド<Boolean> featureListDenseMissingAssumedEmpty、Iterable <オペランド<?>> contextDenseDefaults、List <Class <?>> contextSparseTypes、List <Class <?>> contextRaggedValueTypes、List <Class <?>> contextRaggedSplitTypes、List <クラス<?>> featureListDenseTypes、リスト<クラス<?>> featureListSparseTypes、リスト<クラス<?>> featureListRaggedValueTypes、リスト<クラス<?>> featureListRaggedSplitTypes、オプション...オプション)

新しいParseSequenceExampleV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
シリアル化バイナリシリアル化されたSequenceExampleプロトを含むスカラーまたはベクトル。
debugNameシリアル化されたプロトの名前を含むスカラーまたはベクトル。たとえば、対応するシリアル化されたプロトのテーブルキー(説明)名を含めることができます。これはデバッグの目的で純粋に役立ち、ここに値が存在しても出力には影響しません。名前がない場合は、空のベクトルになることもあります。
contextSparseKeys context_sparse値に関連付けられた例の機能で期待されるキー。
contextDenseKeys密な値に関連付けられたSequenceExamplesのコンテキスト機能で期待されるキー。
contextRaggedKeys context_ragged値に関連付けられた例の機能で期待されるキー。
featureListSparseKeysスパース値に関連付けられたFeatureListsで期待されるキー。
featureListDenseKeys密な値のリストに関連付けられたSequenceExamplesのfeature_listsで期待されるキー。
featureListRaggedKeys不規則な値に関連付けられたFeatureListsで予期されるキー。
featureListDenseMissingAssumedEmpty feature_list_dense_keysと1:1で対応するベクトルで、SequenceExamplesから欠落している可能性のある機能を示します。関連するFeatureListが欠落している場合は、空として扱われます。
contextDenseDefaults Ncontext_denseテンソルのリスト(一部は空の場合があります)。 context_dense_defaults [j]は、SequenceExampleのコンテキストマップにcontext_dense_key [j]がない場合のデフォルト値を提供します。 context_dense_defaults [j]に空のテンソルが指定されている場合は、機能context_dense_keys [j]が必要です。入力タイプは、空の場合でもcontext_dense_defaults [j]から推測されます。 context_dense_defaults [j]が空でない場合、その形状はcontext_dense_shapes [j]と一致する必要があります。
contextSparseTypes Ncontext_sparseタイプのリスト。各コンテキストのデータのデータ型context_sparse_keysで指定された機能。現在、ParseSingleSequenceExampleは、DT_FLOAT(FloatList)、DT_INT64(Int64List)、およびDT_STRING(BytesList)をサポートしています。
contextRaggedValueTypes不規則なコンテキスト機能のRaggedTensor.valuedtypes。
contextRaggedSplitTypes不規則なコンテキスト機能のRaggedTensor.row_splitdtypes。
featureListSparseTypes Nfeature_list_sparseタイプのリスト。 feature_list_sparse_keysで指定された各FeatureListのデータのデータ型。現在、ParseSingleSequenceExampleは、DT_FLOAT(FloatList)、DT_INT64(Int64List)、およびDT_STRING(BytesList)をサポートしています。
featureListRaggedValueTypes不規則なFeatureList機能のRaggedTensor.valuedtypes。
featureListRaggedSplitTypes不規則なFeatureList機能のRaggedTensor.row_splitdtypes。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ParseSequenceExampleV2の新しいインスタンス

public List < Output <Long >> featureListDenseLengths ()

public static ParseSequenceExampleV2.Options featureListDenseShapes (List < Shape > featureListDenseShapes)

パラメーター
featureListDenseShapes Nfeature_list_denseシェイプのリスト。 feature_list_dense_keysで指定された各FeatureListのデータの形状。 feature_list_dense_key [j]に対応するFeatureList内の各フィーチャの形状は、常にfeature_list_dense_shapes [j] .NumEntries()と等しくなければなりません。

public List < Output <?>> featureListDenseValues ()

public List < Output <?>> featureListRaggedInnerSplits ()

public List < Output <?>> featureListRaggedOuterSplits ()

public List < Output <?>> featureListRaggedValues ()

public List < Output <Long >> featureListSparseIndices ()

public List < Output <Long >> featureListSparseShapes ()

public List < Output <?>> featureListSparseValues ()