警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

事前線形​​化

パブリックファイナルクラスPrelinearize

1つのテンソル値を不透明なバリアントテンソルに線形化する操作。

ネストされたクラス

クラスPrelinearize.Options Prelinearizeオプションの属性

パブリックメソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T>事前線形​​化
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、オプション...オプション)
新しいPrelinearize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static Prelinearize.Options
レイアウト(List <Long>レイアウト)
出力<?>
出力()
static Prelinearize.Options
形)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Object> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Prelinearize create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オプション...オプション)

新しいPrelinearize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力線形化されるテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Prelinearizeの新しいインスタンス

public static Prelinearize.Optionsレイアウト(List <Long>レイアウト)

パラメーター
レイアウト要求されたレイアウトをマイナーからメジャーの順序で保持するベクトル。レイアウト属性が渡されたが、その値がすべて-1の場合、レイアウトはインフィード操作によって計算されます。

public Output <?> output ()

public static Prelinearize.Options shape Shape shape)

パラメーター
形状テンソルの形状。