警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ResourceConditionalAccumulator

パブリックファイナルクラスResourceConditionalAccumulator

勾配を集約するための条件付きアキュムレータ。

アキュムレータは、アキュムレータが認識している最新のglobal_step以上のlocal_stepでマークされたグラデーションを受け入れます。十分な勾配が蓄積されていれば、アキュムレータから平均を抽出できます。平均を抽出すると、集計が自動的に0にリセットされ、アキュムレータによって記録されたglobal_stepがインクリメントされます。これは、TF2.0とtf.condバージョン2で動作するConditionalAccumulatorのリソースバージョンです。

ネストされたクラス

クラスResourceConditionalAccumulator.Options ResourceConditionalAccumulatorオプションの属性

パブリックメソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static ResourceConditionalAccumulator.Options
コンテナ(文字列コンテナ)
static <T> ResourceConditionalAccumulator
createスコープスコープ、Class <T> dtype、シェイプシェイプ、オプション...オプション)
新しいResourceConditionalAccumulator操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<?>
ハンドル()
アキュムレータへのハンドル。
static ResourceConditionalAccumulator.Options
reduceType (文字列reductionType)
static ResourceConditionalAccumulator.Options
sharedName (String sharedName)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Object> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ResourceConditionalAccumulator.Optionsコンテナ(文字列コンテナ)

パラメーター
コンテナ空でない場合、このアキュムレータは指定されたコンテナに配置されます。それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

public static ResourceConditionalAccumulator create スコープスコープ、Class <T> dtype、シェイプシェイプ、オプション...オプション)

新しいResourceConditionalAccumulator操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
dtype累積される値のタイプ。
形状値の形状は[]にすることができます。この場合、形状は不明です。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ResourceConditionalAccumulatorの新しいインスタンス

パブリック出力<?>ハンドル()

アキュムレータへのハンドル。

public static ResourceConditionalAccumulator.Options ReductionType (文字列reductionType)

public static ResourceConditionalAccumulator.Options sharedName (String sharedName)

パラメーター
sharedName空でない場合、このアキュムレータは複数のセッション間で指定された名前で共有されます。