警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorArrayConcat

パブリックファイナルクラスTensorArrayConcat

TensorArrayの要素を値 `value`に連結します。

形状の `T`要素を取ります

(n0 x d0 x d1 x ...), (n1 x d0 x d1 x ...), ..., (n(T-1) x d0 x d1 x ...)
   
そしてそれらを形のテンソルに連結します:

(n0 + n1 + ... + n(T-1) x d0 x d1 x ...)
すべての要素は同じ形状である必要があります(最初の次元を除く)。

ネストされたクラス

クラスTensorArrayConcat.Options TensorArrayConcatオプションの属性

パブリックメソッド

static <T> TensorArrayConcat <T>
createスコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<フロート>フローイン、クラス<T> dtype、オプション...オプション)
新しいTensorArrayConcat操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的TensorArrayConcat.Options
elementShapeExcept0シェイプelementShapeExcept0)
出力<ロング>
長さ()
値出力の元のT要素の行サイズのベクトル。
出力<T>
()
TensorArray内のすべての要素は、最初の軸に沿って連結されています。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static TensorArrayConcat <T> create スコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<フロート>フローイン、クラス<T> dtype、オプション...オプション)

新しいTensorArrayConcat操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
扱うTensorArrayへのハンドル。
流れ込みます操作の適切な連鎖を強制するfloatスカラー。
dtype返される要素のタイプ。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • TensorArrayConcatの新しいインスタンス

public static TensorArrayConcat.Options elementShapeExcept0 Shape elementShapeExcept0)

パラメーター
elementShapeExcept0既知の場合、最初の次元を除く、要素の予想される形状。 TensorArray要素の形状を検証するために使用されます。この形状が完全に指定されていない場合、サイズがゼロのTensorArrayを連結するとエラーになります。

public Output <Long> lengths ()

値出力の元のT要素の行サイズのベクトル。上記の例では、これは次の値になります: `(n1、n2、...、n(T-1))`。

public Output <T> value ()

TensorArray内のすべての要素は、最初の軸に沿って連結されています。