tensorflow :: ops ::ギャザー

#include <array_ops.h>

収集からスライスをparamsに従ってindices

概要

indicesは、任意の次元(通常は0-Dまたは1-D)の整数テンソルである必要があります。形状indices.shape + params.shape[1:]して出力テンソルを生成しますindices.shape + params.shape[1:]ここで:

    # Scalar indices
    output[:, ..., :] = params[indices, :, ... :]

    # Vector indices
    output[i, :, ..., :] = params[indices[i], :, ... :]

    # Higher rank indices
    output[i, ..., j, :, ... :] = params[indices[i, ..., j], :, ..., :]

場合indices順列でありlen(indices) == params.shape[0]置換するであろうし、この操作params応じ。

validate_indices :非推奨。この操作がCPUに割り当てられている場合、 indices値は常に範囲内にあることが検証されます。 GPUに割り当てられている場合、範囲外のインデックスは安全ですが指定されていない動作になります。これにはエラーの発生が含まれる場合があります。

引数:

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Gather (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input params, :: tensorflow::Input indices)
Gather (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input params, :: tensorflow::Input indices, const Gather::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

ValidateIndices (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: Gather :: Attrs

Gatherのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

ギャザー

 Gather(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input params,
  ::tensorflow::Input indices
)

ギャザー

 Gather(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input params,
  ::tensorflow::Input indices,
  const Gather::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

ValidateIndices

Attrs ValidateIndices(
  bool x
)