tensorflow :: ops :: RandomGamma

#include <random_ops.h>

alphaで記述されたガンマ分布からランダムな値を出力します。

概要

この操作は、Marsagliaらによるアルゴリズムを使用します。均一確率変数と正規確率変数のペアから変換拒否を介してサンプルを取得します。 http://dl.acm.org/citation.cfm?id=358414を参照してください

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 形状:1次元整数テンソル。アルファで与えられた形状パラメーターによって記述された各分布から抽出する独立したサンプルの形状。
  • alpha:各スカラーが関連するガンマ分布を記述する「形状」パラメーターであるテンソル。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • seed: seedまたはseed2いずれかがゼロ以外に設定されている場合、乱数ジェネレーターは指定されたシードによってシードされます。それ以外の場合は、ランダムシードによってシードされます。
  • seed2:シードの衝突を回避するための2番目のシード。

戻り値:

  • Output :形状shape + shape(alpha)テンソル。各スライス[:, ..., :, i0, i1, ...iN]は、 alpha[i0, i1, ...iN]用に[:, ..., :, i0, i1, ...iN]れたサンプルが含まれています。出力のdtypeはalphaのdtypeと一致します。

コンストラクタとデストラクタ

RandomGamma (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, :: tensorflow::Input alpha)
RandomGamma (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input shape, :: tensorflow::Input alpha, const RandomGamma::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Seed (int64 x)
Seed2 (int64 x)

構造体

tensorflow :: ops :: RandomGamma :: Attrs

RandomGammaのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

RandomGamma

 RandomGamma(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  ::tensorflow::Input alpha
)

RandomGamma

 RandomGamma(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input shape,
  ::tensorflow::Input alpha,
  const RandomGamma::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

シード

Attrs Seed(
  int64 x
)

Seed2

Attrs Seed2(
  int64 x
)