tensorflow :: ops :: SaveSlices

#include <io_ops.h>

入力テンソルスライスをディスクに保存します。

概要

これは、テンソルがより大きなテンソルのスライスとして保存されたファイルにリストされることを除いて、 Save似ていSaveshapes_and_slicesは、大きいテンソルの形状と、このテンソルがカバーするスライスを指定します。 shapes_and_slicesは、 shapes_and_slicesと同じ数の要素がtensor_namesです。

shapes_and_slices入力の要素は、 shapes_and_slicesいずれかである必要があります。

  • 空の文字列。この場合、対応するテンソルは通常どおり保存されます。
  • dim0 dim1 ... dimN-1 slice-specの形式の文字列dim0 dim1 ... dimN-1 slice-specここで、 dimIは大きいテンソルの次元であり、 slice-specは保存するテンソルによってカバーされる部分を指定します。

slice-spec自体はある:で区切らリスト: slice0:slice1:...:sliceN-1の各sliceIどちらかであります:

  • 文字列-スライスがこの次元のすべてのインデックスをカバーすることを意味します
  • start,lengthここで、 startlengthは整数です。その場合、スライスはstartから始まるlengthインデックスをカバーします。

Saveも参照してください。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • ファイル名:単一の要素が必要です。テンソルを書き込むファイルの名前。
  • tensor_names:Shape [N] 。保存するテンソルの名前。
  • shape_and_slices:Shape [N] 。テンソルを保存するときに使用する形状とスライスの仕様。
  • データ:保存するNテンソル。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

SaveSlices (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input filename, :: tensorflow::Input tensor_names, :: tensorflow::Input shapes_and_slices, :: tensorflow::InputList data)

パブリック属性

operation

公の行事

operator::tensorflow::Operation () const

パブリック属性

操作

Operation operation

公の行事

SaveSlices

 SaveSlices(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input filename,
  ::tensorflow::Input tensor_names,
  ::tensorflow::Input shapes_and_slices,
  ::tensorflow::InputList data
)

operator :: tensorflow :: Operation

 operator::tensorflow::Operation() const