Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: BarrierReadySize

#include <data_flow_ops.h>

指定されたバリア内の完全な要素の数を計算します。

概要

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • ハンドル:バリアへのハンドル。

戻り値:

  • Output :バリア内の完全な要素(つまり、すべての値コンポーネントが設定されている要素)の数。

コンストラクタとデストラクタ

BarrierReadySize (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input handle)

パブリック属性

operation
size

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

サイズ

::tensorflow::Output size

公の行事

BarrierReadySize

 BarrierReadySize(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input handle
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const