tensorflow :: ops :: DeserializeSparse

#include <sparse_ops.h>

SparseTensorオブジェクトをSparseTensorます。

概要

入力serialized_sparse[?, ?, ..., ?, 3]の形状である必要があり、最後の次元はシリアル化されたSparseTensorオブジェクトを格納し、他のN次元(N> = 0)はバッチに対応します。元のSparseTensorオブジェクトのランクはすべて一致する必要があります。最終的なSparseTensorが作成されると、そのランクは着信SparseTensorオブジェクトのランクにNを加えたものになります。スパーステンソルは、バッチごとに1つずつ、新しい次元に沿って連結されています。

出力SparseTensor元の寸法のオブジェクトの形状値は、入力を横切る最大であるSparseTensor対応する寸法のためのオブジェクトの形状値。新しい寸法は、バッチのサイズと一致します。

入力SparseTensorオブジェクトのインデックスは、標準の辞書式順序で順序付けられていると見なされます。そうでない場合は、このステップの後でSparseReorderを実行して、インデックスの順序を復元します。

たとえば、シリアル化された入力が2つの元のSparseTensorオブジェクトを表す[2 x 3]行列である場合:

index = [ 0]
        [10]
        [20]
values = [1, 2, 3]
shape = [50]

および

index = [ 2]
        [10]
values = [4, 5]
shape = [30]

その場合、最終的に逆シリアル化されたSparseTensorは次のようになります:

index = [0  0]
        [0 10]
        [0 20]
        [1  2]
        [1 10]
values = [1, 2, 3, 4, 5]
shape = [2 50]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • serialized_sparse:シリアル化されたSparseTensorオブジェクト。最後のディメンションには3つの列が必要です。
  • DTYPE: dtypeシリアライズされたのSparseTensorオブジェクト。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

DeserializeSparse (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input serialized_sparse, DataType dtype)

パブリック属性

operation
sparse_indices
sparse_shape
sparse_values

パブリック属性

操作

Operation operation

sparse_indices

::tensorflow::Output sparse_indices

sparse_shape

::tensorflow::Output sparse_shape

sparse_values

::tensorflow::Output sparse_values

公の行事

DeserializeSparse

 DeserializeSparse(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input serialized_sparse,
  DataType dtype
)