tensorflow :: ops ::診断

#include <array_ops.h>

指定された対角値を持つ対角テンソルを返します。

概要

diagonal与えられると、この操作はdiagonalと他のすべてがゼロで埋められたテンソルを返します。対角線は次のように計算されます。

diagonal次元が[D1、...、Dk]であるとすると、出力は次元[D1、...、Dk、D1、...、Dk]のランク2kのテンソルです。

output[i1,..., ik, i1,..., ik] = diagonal[i1, ..., ik] 、その他は0。

例えば:

# 'diagonal' is [1, 2, 3, 4]
tf.diag(diagonal) ==> [[1, 0, 0, 0]
                       [0, 2, 0, 0]
                       [0, 0, 3, 0]
                       [0, 0, 0, 4]]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 対角線:kが最大で1であるランクkテンソル。

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

Diag (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input diagonal)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

診断

 Diag(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input diagonal
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const