tensorflow :: ops :: ExtractImagePatches

#include <array_ops.h>

imagesからpatchesを抽出し、それらを「深度」出力ディメンションに配置します。

概要

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 画像:形状[batch, in_rows, in_cols, depth] 4Dテンソル
  • ksizes: images各次元のスライディングウィンドウのサイズ。
  • ストライド:2つの連続するパッチの中心が画像内でどれだけ離れているか。 [1, stride_rows, stride_cols, 1]必要があります。
  • レート: [1, rate_rows, rate_cols, 1]必要があります。これは入力ストライドであり、2つの連続するパッチサンプルが入力内にある距離を指定します。 patch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1)でパッチを抽出した後、 rates係数で空間的にサブサンプリングするのとpatch_sizes_eff = patch_sizes + (patch_sizes - 1) * (rates - 1) rates 。これは、拡張された(別名Atrous)畳み込みのrateに相当します。
  • パディング:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

戻り値:

  • Output :「深さ」次元でベクトル化されたサイズksize_rows x ksize_cols x depth画像パッチを含む形状[batch, out_rows, out_cols, ksize_rows * ksize_cols * depth] 4Dテンソルout_rowsout_colsは出力パッチの次元であることに注意してください。

コンストラクタとデストラクタ

ExtractImagePatches (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input images, const gtl::ArraySlice< int > & ksizes, const gtl::ArraySlice< int > & strides, const gtl::ArraySlice< int > & rates, StringPiece padding)

パブリック属性

operation
patches

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

パッチ

::tensorflow::Output patches

公の行事

ExtractImagePatches

 ExtractImagePatches(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input images,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksizes,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  const gtl::ArraySlice< int > & rates,
  StringPiece padding
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const