日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: ExtractVolumePatches

#include <array_ops.h>

inputからpatchesを抽出し、それらを「深度」出力ディメンションに配置します。

概要

extract_image_patches 3D拡張。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:形状[batch, in_planes, in_rows, in_cols, depth] 5次元テンソル
  • ksizes: input各次元のスライディングウィンドウのサイズ。
  • ストライド:長さ5の1-D。2つの連続するパッチの中心がinputどれだけあるか。 [1, stride_planes, stride_rows, stride_cols, 1]ます。
  • パディング:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

サイズ関連の属性を次のように指定します。

      ksizes = [1, ksize_planes, ksize_rows, ksize_cols, 1]
      strides = [1, stride_planes, strides_rows, strides_cols, 1]

戻り値:

  • Output :5-Dテンソル形状の[batch, out_planes, out_rows, out_cols, ksize_planes * ksize_rows * ksize_cols * depth]サイズのパッチを含むksize_planes x ksize_rows x ksize_cols x depth "奥行き"寸法にベクトル化。 out_planesout_rows 、およびout_colsは、出力パッチの次元であることに注意してください。

コンストラクタとデストラクタ

ExtractVolumePatches (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const gtl::ArraySlice< int > & ksizes, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding)

パブリック属性

operation
patches

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

パッチ

::tensorflow::Output patches

公の行事

ExtractVolumePatches

 ExtractVolumePatches(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const gtl::ArraySlice< int > & ksizes,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const