Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: FusedPadConv2D

#include <nn_ops.h>

畳み込み中の前処理としてパディングを実行します。

概要

FusedResizeAndPadConv2dと同様に、この操作では、空間パディング変換ステージがim2colルックアップと融合される最適化された実装が可能ですが、この場合、サイズ変更に必要な双一次フィルタリングはありません。パディングを融合すると、中間結果をテンソル全体として書き出す必要がなくなり、メモリの負荷が軽減されます。変換計算をマージすることで、レイテンシをいくらか向上させることができます。 Conv2Dのdata_format属性はこの操作ではサポートされておらず、代わりに「NHWC」の順序が使用されます。内部的には、この操作は1つのグラフごとのスクラッチバッファーを使用します。つまり、複数のバージョンが並行して実行されている場合はブロックされます。これは、この演算子が主にメモリ使用量を最小限に抑えるための最適化であるためです。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:形状[batch, in_height, in_width, in_channels] 4-D。
  • パディング:パディングサイズを指定する2列の行列。行数は、 inputのランクと同じである必要がありinput
  • フィルタ:形状[filter_height, filter_width, in_channels, out_channels]
  • ストライド:長さ4の1-D。 input各次元のスライディングウィンドウのストライド。 formatで指定されたディメンションと同じ順序である必要があります。
  • パディング:使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

戻り値:

  • Output :出力テンソル。

コンストラクタとデストラクタ

FusedPadConv2D (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input paddings, :: tensorflow::Input filter, StringPiece mode, const gtl::ArraySlice< int > & strides, StringPiece padding)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

FusedPadConv2D

 FusedPadConv2D(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input paddings,
  ::tensorflow::Input filter,
  StringPiece mode,
  const gtl::ArraySlice< int > & strides,
  StringPiece padding
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const