日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: RequantizationRange

#include <math_ops.h>

量子化テンソルに存在する実際の値をカバーする範囲を計算します。

概要

(input, input_min, input_max)で記述される量子化テンソルが与えられると、そのテンソルに存在する実際の値をカバーする範囲を出力します。このオペアンプは、一般的に生成するために使用されrequested_output_minrequested_output_maxためのRequantize

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • input_min:最小量子化入力値が表す浮動小数点値。
  • input_max:最大量子化入力値が表す浮動小数点値。

戻り値:

  • Output output_min:計算された最小出力。
  • Output output_max:計算された最大出力。

コンストラクタとデストラクタ

RequantizationRange (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, :: tensorflow::Input input_min, :: tensorflow::Input input_max)

パブリック属性

operation
output_max
output_min

パブリック属性

操作

Operation operation

output_max

::tensorflow::Output output_max

output_min

::tensorflow::Output output_min

公の行事

RequantizationRange

 RequantizationRange(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  ::tensorflow::Input input_min,
  ::tensorflow::Input input_max
)