日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops ::リント

#include <math_ops.h>

xに最も近い要素ごとの整数を返します。

概要

結果が2つの表現可能な値の中間である場合、偶数の表現可能な値が選択されます。例えば:

rint(-1.5) ==> -2.0
rint(0.5000001) ==> 1.0
rint([-1.7, -1.5, -0.2, 0.2, 1.5, 1.7, 2.0]) ==> [-2., -2., -0., 0., 2., 2., 2.]

引数:

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

Rint (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x)

パブリック属性

operation
y

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

y

::tensorflow::Output y

公の行事

リント

 Rint(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const