tensorflow :: ops :: SegmentProd

#include <math_ops.h>

テンソルのセグメントに沿って積を計算します。

概要

セグメントの説明については、セグメンテーションのセクションをお読みください。

積がjsegment_ids[j] == isegment_ids[j] == iとなる\(output_i = data_j\)のようなテンソルを計算します。

生成物は、所与のセグメントIDの空の場合はioutput[i] = 1

例えば:

c = tf.constant([[1,2,3,4], [4, 3, 2, 1], [5,6,7,8]])
tf.segment_prod(c, tf.constant([0, 0, 1]))
# ==> [[4, 6, 6, 4],
#      [5, 6, 7, 8]]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • segment_ids:サイズがdataの最初の次元のサイズと等しい1次元テンソル。値は並べ替える必要があり、繰り返すことができます。

戻り値:

  • Output :セグメント数であるサイズk次元0を除いて、データと同じ形状です。

コンストラクタとデストラクタ

SegmentProd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input data, :: tensorflow::Input segment_ids)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

SegmentProd

 SegmentProd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input data,
  ::tensorflow::Input segment_ids
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const