tensorflow :: ops :: StringToHashBucketStrong

#include <string_ops.h>

入力Tensorの各文字列を、いくつかのバケットによってハッシュmodに変換します。

概要

ハッシュ関数は、プロセス内の文字列の内容に対して決定論的です。ハッシュ関数はキー付きハッシュ関数であり、属性keyはハッシュ関数のkey定義します。 keyは2つの要素の配列です。

入力が悪意のある可能性がある場合、たとえば追加のコンポーネントを含むURLの場合、強力なハッシュが重要です。攻撃者は、サービス拒否攻撃のために入力を同じバケットにハッシュしようとしたり、結果を歪めたりする可能性があります。強力なハッシュを使用すると、バケット全体に偏ったハッシュ値の分布を持つ入力を見つけるのが困難になる可能性があります。これには、ハッシュ関数が、敵に知られていない高エントロピー(ランダム)「キー」によってシードされている必要があります。

追加の堅牢性には、 tf.string_to_hash_bucket_fast約4倍の計算時間がtf.string_to_hash_bucket_fastます。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • input:ハッシュバケットを割り当てる文字列。
  • num_buckets:バケットの数。
  • key:ハッシュ関数のシードに使用されるキー。2つのuint64要素のリストとして渡されます。

戻り値:

コンストラクタとデストラクタ

StringToHashBucketStrong (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, int64 num_buckets, const gtl::ArraySlice< int > & key)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

StringToHashBucketStrong

 StringToHashBucketStrong(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  int64 num_buckets,
  const gtl::ArraySlice< int > & key
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const