Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: UnsortedSegmentMax

#include <math_ops.h>

テンソルのセグメントに沿った最大値を計算します。

概要

セグメントの説明については、セグメンテーションのセクションをお読みください。

この演算子は、 (ここで)見つかったソートされていないセグメント合計演算子に似ています。セグメント全体の合計を計算する代わりに、次のように最大値を計算します。

\(output_i = {j...} data[j...]\)ここで、maxはタプルj...segment_ids[j...] == iており、 segment_ids[j...] == iます。

最大値は、所与のセグメントIDに空である場合i 、それが特定の数値型の最小の可能な値を出力し、 output[i] = numeric_limits ::lowest() output[i] = numeric_limits ::lowest()

指定されたセグメントiが負の場合、対応する値は削除され、結果には含まれません。

例えば:

c = tf.constant([[1,2,3,4], [5,6,7,8], [4,3,2,1]])
tf.unsorted_segment_max(c, tf.constant([0, 1, 0]), num_segments=2)
# ==> [[ 4,  3, 3, 4],
#       [5,  6, 7, 8]]

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • segment_ids:形状がdata.shape接頭辞であるdata.shape

戻り値:

  • Output :データと同じ形状ですが、最初のsegment_ids.rankディメンションが、サイズnum_segments単一のディメンションに置き換えられています。

コンストラクタとデストラクタ

UnsortedSegmentMax (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input data, :: tensorflow::Input segment_ids, :: tensorflow::Input num_segments)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

UnsortedSegmentMax

 UnsortedSegmentMax(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input data,
  ::tensorflow::Input segment_ids,
  ::tensorflow::Input num_segments
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const