Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: UnsortedSegmentProd

#include <math_ops.h>

テンソルのセグメントに沿って積を計算します。

概要

セグメントの説明については、セグメンテーションのセクションをお読みください。

この演算子は、 (ここで)見つかったソートされていないセグメント合計演算子に似ています。セグメント全体の合計を計算する代わりに、次のようにセグメントに属するすべてのエントリの積を計算します。

\(output_i = {j...} data[j...]\)ここで、積はタプルj...上にあり、 segment_ids[j...] == iます。

例えば:

c = tf.constant([[1,2,3,4], [5,6,7,8], [4,3,2,1]])
tf.unsorted_segment_prod(c, tf.constant([0, 1, 0]), num_segments=2)
# ==> [[ 4,  6, 6, 4],
#       [5,  6, 7, 8]]

所与のセグメントのIDのエントリがない場合i 、それは1を出力します。

指定されたセグメントiが負の場合、対応する値は削除され、結果には含まれません。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • segment_ids:形状がdata.shape接頭辞であるdata.shape

戻り値:

  • Output :データと同じ形状ですが、最初のsegment_ids.rankディメンションが、サイズnum_segments単一のディメンションに置き換えられています。

コンストラクタとデストラクタ

UnsortedSegmentProd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input data, :: tensorflow::Input segment_ids, :: tensorflow::Input num_segments)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

UnsortedSegmentProd

 UnsortedSegmentProd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input data,
  ::tensorflow::Input segment_ids,
  ::tensorflow::Input num_segments
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const