日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

コアTensorflowAPI

概要

Typedef

OutputList typedef
std::vector< Output >
複数の出力を生成するopsの出力、またはテンソルのリストを表すためのタイプ。

関数

CreateOutputWithScope (string op_name, absl::Span< const :: tensorflow::Input > inputs, const Scope & scope, Output *output)
Status
operator<< (std::ostream & os, const Status & x)
std::ostream &

クラス

tensorflow :: ClientSession

ClientSessionオブジェクトを使用すると、呼び出し元はC ++ APIで作成されたTensorFlowグラフの評価を実行できます。

tensorflow ::入力

オペランドとして使用することができるテンソル値表す動作

tensorflow :: InputList

テンソルのリストを必要とするopsへの入力を表すためのタイプ。

tensorflow ::操作

計算グラフのノードを表します。

tensorflow ::出力

操作によって生成されたテンソル値を表します。

tensorflow ::スコープ

Scopeオブジェクトは、共通名のプレフィックスなど、同じプロパティを持つ関連するTensorFlow操作のセットを表します。

tensorflow ::ステータス

Tensorflowでの呼び出しの成功または失敗を示します。

tensorflow :: TensorBuffer

Typedef

OutputList

std::vector< Output > OutputList

複数の出力を生成するopsの出力、またはテンソルのリストを表すためのタイプ。

関数

CreateOutputWithScope

Status CreateOutputWithScope(
  string op_name,
  absl::Span< const ::tensorflow::Input > inputs,
  const Scope & scope,
  Output *output
)

演算子<<

std::ostream & operator<<(
  std::ostream & os,
  const Status & x
)