警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

OperationBuilder

パブリックインターフェイスOperationBuilder
既知の間接サブクラス

Operationのビルダー。

たとえば、次の例では、ビルダーを使用して、定数「3」を出力として生成する操作を作成しています。

// env is an ExecutionEnvironment, such as a Graph instance.
 try (Tensor c1 = Tensor.create(3.0f)) {
   env.opBuilder("Const", "MyConst")
       .setAttr("dtype", c1.dataType())
       .setAttr("value", c1)
       .build();
 
 }

パブリックメソッド

抽象OperationBuilder
addControlInput操作制御)
制御操作が実行される前に、操作が実行されないことを確認してください。
抽象OperationBuilder
addInput出力<?>入力)
構築中の操作の次の入力として、別の操作の出力を追加します。
抽象OperationBuilder
addInputListOutput [] <?>入力)
構築中の操作の次の入力として、別の操作の出力を追加します。
抽象操作
ビルド()
Operation構築します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、 Tensor <?>値)
構築中の操作の属性のテンソル値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、 Tensor [] <?>値)
構築中の操作の属性のテンソル値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、String []値)
構築中の操作の属性の文字列値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、boolean []値)
構築中の操作の属性のブール値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、 DataType []値)
構築中の操作の属性の型値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、文字列値)
構築中の操作の属性の文字列値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、float []値)
構築中の操作の属性のfloat値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、長い値)
構築中の操作の属性のlong値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、long []値)
構築中の操作の属性のlong値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、ブール値)
構築中の操作の属性のブール値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、 Shape []値)
構築中の操作の属性の形状値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、浮動小数点値)
構築中の操作の属性のfloat値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、 DataType値)
構築中の操作の属性の型値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、byte []値)
構築中の操作の属性のバイト値を設定します。
抽象OperationBuilder
setAttr (文字列名、形状値)
構築中の操作の属性の形状値を設定します。
抽象OperationBuilder
setDevice (文字列デバイス)
構築中の操作を計算するために要求されたデバイスを設定します。

パブリックメソッド

public abstract OperationBuilder addControlInput 操作制御)

制御操作が実行される前に、操作が実行されないことを確認してください。

制御入力は、現在構築されている操作を実行する前に実行する必要がある操作です。

たとえば、Assert操作をこの操作の制御入力として追加できます。アサートは、操作を実行する前に常に自分自身を検証する前提条件として動作するようになりました。

パラメーター
コントロールこの操作を実行する前に実行する必要がある操作。
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder addInput 出力<?>入力)

構築中の操作の次の入力として、別の操作の出力を追加します。

パラメーター
入力構築中の操作の入力であると想定されるOutput
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder addInputList Output [] <?>入力)

構築中の操作の次の入力として、別の操作の出力を追加します。

パラメーター
入力構築中の操作の入力であると想定されるOutputリスト。
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

パブリックアブストラクトオペレーションビルド()

Operationビルドします。

現在の実行環境に応じて、以下のアクションも実行されます。

  • イーガーモードでは、操作の結果はすぐに計算されます。
  • グラフモードでは、 Session実行時に、操作がノードとしてグラフに追加され、後で実行されます。

build()が戻った後、OperationBuilderは使用できなくなります。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、 Tensor <?>値)

構築中の操作の属性のテンソル値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、 Tensor [] <?>値)

構築中の操作の属性のテンソル値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、文字列[]値)

構築中の操作の属性の文字列値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、boolean []値)

構築中の操作の属性のブール値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、 DataType []値)

構築中の操作の属性の型値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、文字列値)

構築中の操作の属性の文字列値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、float []値)

構築中の操作の属性のfloat値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、長い値)

構築中の操作の属性のlong値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、long []値)

構築中の操作の属性のlong値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、ブール値)

構築中の操作の属性のブール値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、 Shape []値)

構築中の操作の属性の形状値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、浮動小数点値)

構築中の操作の属性のfloat値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、 DataType値)

構築中の操作の属性の型値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、byte []値)

構築中の操作の属性のバイト値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setAttr (文字列名、形状値)

構築中の操作の属性の形状値を設定します。

パラメーター
名前属性名
属性値
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。

public abstract OperationBuilder setDevice (String device)

構築中の操作を計算するために要求されたデバイスを設定します。

パラメーター
端末要求されたデバイスを文字列として
戻り値
  • チェーン用のOperationBuilderインスタンス。