このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Session.Runner

公開最終クラスSession.Runner

Operation実行してTensorsを評価しTensors

ランナーは必要なグラフフラグメントを実行して、取得するTensorsを評価するために必要なすべてのOperationを実行します。 feed(String, int, Tensor)呼び出しにより、呼び出しTensorsは、 feed(String, int, Tensor)提供された操作の出力を提供されたTensors置き換えることにより、グラフ内のTensorsの値をオーバーライドできます。

パブリックコンストラクター

パブリックメソッド

Session.Runner
addTarget (文字列操作)
run() operation実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors
Session.Runner
addTargetオペランド <?>オペランド)
run() operand実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors
Session.Runner
addTarget操作操作)
run() operation実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors
Session.Runner
フィードオペランド <?>オペランド、 テンソル <?> t)
operandによって参照されるoperandを実行することによって参照されるTensorの代わりにtを使用します。
Session.Runner
フィード (文字列操作、 テンソル <?> t)
operation評価を避け、生成される値をtに置き換えます。
Session.Runner
フィード (文字列操作、intインデックス、 Tensor <?> t)
生成する値の代わりにtを使用して、 index番目のoperation出力を評価しないでください。
Session.Runner
フェッチ (文字列操作)
run()operationの出力を返すようにします。
Session.Runner
フェッチ (文字列操作、intインデックス)
run()operation index番目の出力を返すようにしindex
Session.Runner
フェッチオペランド <?>オペランド)
run()operandの出力によって参照されるTensorを返すようにします。
Session.Runner
fetch出力 <?>出力)
run()outputによって参照されるTensorを返すようにしoutput
リスト< テンソル <?>>
実行 ()
要求されたすべてのフェッチを計算するために必要なグラフフラグメントを実行します。
Session.Run
runAndFetchMetadata ()
グラフフラグメントを実行して、リクエストされたフェッチを計算し、実行に関するメタデータを返します。
Session.Runner
setOptions (byte []オプション)
(実験的方法):この実行のオプション(通常はデバッグ用)を設定します。

継承されたメソッド

パブリックコンストラクター

public Session.Runner ()

パブリックメソッド

public Session.Runner addTarget (文字列操作)

run() operation実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors

パラメーター
操作

public Session.Runner addTarget オペランド <?>オペランド)

run() operand実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors

パラメーター
オペランド

public Session.Runner addTarget 操作操作)

run() operation実行さTensorsますが、評価されたTensors返しませTensors

パラメーター
操作
投げる
IllegalArgumentException 操作がGraphOperationでない場合

public Session.Runner フィード Operand <?>オペランド、 Tensor <?> t)

operandによって参照されるoperandを実行することによって参照されるTensorの代わりにtを使用します。

パラメーター
オペランド
t

public Session.Runner フィード (文字列操作、 Tensor <?> t)

operation評価を避け、生成される値をtに置き換えます。

パラメーター
操作オペレーションの文字列名であり、この場合、このメソッドはfeed(operation, 0)省略形であるか、またはこれは、 operation_name:output_indexの形式の文字列であり、この場合、このメソッドはfeed(operation_name, output_index)ようfeed(operation_name, output_index) 。これらのコロンで区切られた名前は、 metaGraphDef()含まれるSignatureDefプロトコルバッファーメッセージで一般的に使用されます。
t

public Session.Runner フィード (文字列操作、intインデックス、 Tensor <?> t)

生成する値の代わりにtを使用して、 index番目のoperation出力を評価しないでください。

Graph操作は複数の出力を持つことができ、 indexは1つのtが提供されていることを識別します。

パラメーター
操作
インデックス
t

public Session.Runner fetch (文字列操作)

run()operationの出力を返すようにします。

パラメーター
操作操作の文字列名であり、この場合、このメソッドはfetch(operation, 0)省略形であるか、またはこの形式の文字列operation_name:output_indexであり、この場合、このメソッドはfetch(operation_name, output_index)ようfetch(operation_name, output_index) 。これらのコロンで区切られた名前は、 metaGraphDef()含まれるSignatureDefプロトコルバッファーメッセージで一般的に使用されます。

public Session.Runner fetch (文字列操作、intインデックス)

run()operation index番目の出力を返すようにしindex

Graph操作は複数の出力を持つことができ、 indexはどの出力を返すかを識別します。

パラメーター
操作
インデックス

public Session.Runner fetch オペランド <?>オペランド)

run()operandの出力によって参照されるTensorを返すようにします。

パラメーター
オペランド

public Session.Runner fetch 出力 <?>出力)

run()outputによって参照されるTensorを返すようにしoutput

パラメーター
出力

public List < Tensor <?>> run ()

要求されたすべてのフェッチを計算するために必要なグラフフラグメントを実行します。

警告:呼び出し元は、返されたすべてのTensors所有権を想定していTensors 。つまり、呼び出し元は、返されたリストのすべての要素でclose()を呼び出して、リソースを解放する必要があります。

TODO(ashankar):ここで戻り値の型を再検討してください。特に、(a)呼び出し側がクリーンアップしやすくする(おそらく、SessionTest.javaのAutoCloseableListのようなものを返す)こと、および(b)戻り値がリストであるか、またはMap<Output, Tensor>かを評価することMap<Output, Tensor>

TODO(andrewmyers):ここで何が返されても、タイプセーフな方法で出力テンソルを簡単に抽出できるようにするとよいでしょう。

public Session.Run runAndFetchMetadata ()

グラフフラグメントを実行して、リクエストされたフェッチを計算し、実行に関するメタデータを返します。

これはrun()とまったく同じですrun() 、リクエストされたTensorに加えて、シリアル化されたRunMetadataプロトコルバッファーの形式でグラフの実行に関するメタデータも返します。

public Session.Runner setOptions (byte [] options)

(実験的方法):この実行のオプション(通常はデバッグ用)を設定します。

オプションは、シリアル化されたRunOptionsプロトコルバッファーとして表示されます。

org.tensorflowパッケージは、リソースに制約のあるシステム( nanoprotoのようなものがより適切である場合がある)との親和性を維持するために、プロトコルバッファーの依存関係がありません。その代償として、このAPI関数での型安全性の欠如があります。この選択は現在検討中であり、この関数はいつでもよりタイプセーフな同等のものに置き換えることができます。

パラメーター
オプション