日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: TextLineReader :: Attrs

#include <io_ops.h>

TextLineReaderのオプションの属性セッター。

概要

パブリック属性

container_ = ""
StringPiece
shared_name_ = ""
StringPiece
skip_header_lines_ = 0
int64

公の行事

Container (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このリーダーは指定されたコンテナーに配置されます。
SharedName (StringPiece x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
空でない場合、このリーダーは、指定されたバケットでこのshared_nameを使用して名前が付けられます。
SkipHeaderLines (int64 x)
TF_MUST_USE_RESULT Attrs
すべてのファイルの先頭からスキップする行数。

パブリック属性

コンテナ_

StringPiece tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::container_ = ""

shared_name_

StringPiece tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::shared_name_ = ""

skip_header_lines_

int64 tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::skip_header_lines_ = 0

公の行事

コンテナ

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::Container(
  StringPiece x
)

空でない場合、このリーダーは指定されたコンテナーに配置されます。

それ以外の場合は、デフォルトのコンテナが使用されます。

デフォルトは「」

SharedName

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::SharedName(
  StringPiece x
)

空でない場合、このリーダーは、指定されたバケットでこのshared_nameを使用して名前が付けられます。

それ以外の場合は、代わりにノード名が使用されます。

デフォルトは「」

SkipHeaderLines

TF_MUST_USE_RESULT Attrs tensorflow::ops::TextLineReader::Attrs::SkipHeaderLines(
  int64 x
)

すべてのファイルの先頭からスキップする行数。

デフォルトは0です