Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: AssignAdd

#include <state_ops.h>

'value'を追加して 'ref'を更新します。

概要

この操作は、更新が行われた後に「ref」を出力します。これにより、リセット値を使用する必要のある操作を連鎖させることが容易になります。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • ref: Variableノードからのものである必要があります。
  • value:変数に追加される値。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • use_locking:Trueの場合、追加はロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。

戻り値:

  • Output :=「ref」と同じ。変数が更新された後に新しい値を使用したい操作の便宜のために返されます。

コンストラクタとデストラクタ

AssignAdd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input ref, :: tensorflow::Input value)
AssignAdd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input ref, :: tensorflow::Input value, const AssignAdd::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output_ref

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

UseLocking (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: AssignAdd :: Attrs

AssignAddのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

output_ref

::tensorflow::Output output_ref

公の行事

AssignAdd

 AssignAdd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input ref,
  ::tensorflow::Input value
)

AssignAdd

 AssignAdd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input ref,
  ::tensorflow::Input value,
  const AssignAdd::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

UseLocking

Attrs UseLocking(
  bool x
)