tensorflow :: ops :: BatchMatMul

#include <math_ops.h>

2つのテンソルのスライスをバッチで乗算します。

概要

Tensor xyすべてのスライスを乗算し(各スライスはバッチの要素として表示できます)、個々の結果を同じバッチサイズの単一の出力テンソルに配置します。個々のスライスのそれぞれは、 adj_xまたはadj_yフラグをTrue (デフォルトではFalse )に設定することにより、乗算の前にオプションで結合できます(行列を結合することはそれを転置および共役することを意味します)。

入力テンソルxおよびyは、形状[..., r_x, c_x]および[..., r_y, c_y] 2次元以上です。

出力テンソルは、形状[..., r_o, c_o] 2次元以上です。ここで、

r_o = c_x if adj_x else r_x
c_o = r_y if adj_y else c_y

次のように計算されます:

output[..., :, :] = matrix(x[..., :, :]) * matrix(y[..., :, :])

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • x:形状[..., r_x, c_x] 2D以上。
  • y:形状が[..., r_y, c_y] 2次元以上。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • adj_x: True場合、 xのスライスを随伴します。デフォルトはFalseです。
  • adj_y: True場合、 yのスライスを随伴します。デフォルトはFalseです。

戻り値:

  • Output :形状[..., r_o, c_o]

コンストラクタとデストラクタ

BatchMatMul (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input y)
BatchMatMul (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, :: tensorflow::Input y, const BatchMatMul::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

AdjX (bool x)
AdjY (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: BatchMatMul :: Attrs

BatchMatMulのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

BatchMatMul

 BatchMatMul(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input y
)

BatchMatMul

 BatchMatMul(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  ::tensorflow::Input y,
  const BatchMatMul::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

AdjX

Attrs AdjX(
  bool x
)

AdjY

Attrs AdjY(
  bool x
)