日付を保存! Google I / Oが5月18日から20日に戻ってきます今すぐ登録
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tensorflow :: ops :: BiasAdd

#include <nn_ops.h>

value biasを追加しvalue

概要

これは、 biasが1-Dに制限されているtf.add特殊なケースです。ブロードキャストがサポートされているため、 valueは任意の数の次元があります。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 値:任意の数の次元。
  • バイアス:1-D、サイズはvalue最後の次元。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • data_format:入力データと出力データのデータ形式を指定します。デフォルトの形式「NHWC」では、バイアステンソルが値テンソルの最後の次元に追加されます。または、形式を「NCHW」、データの保存順序を[batch、in_channels、in_height、in_width]にすることもできます。テンソルは、最後から3番目の次元である「in_channels」に追加されます。

戻り値:

  • Outputvaluebiasブロードキャストされた合計。

コンストラクタとデストラクタ

BiasAdd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value, :: tensorflow::Input bias)
BiasAdd (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input value, :: tensorflow::Input bias, const BiasAdd::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

DataFormat (StringPiece x)

構造体

tensorflow :: ops :: BiasAdd :: Attrs

BiasAddのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

BiasAdd

 BiasAdd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value,
  ::tensorflow::Input bias
)

BiasAdd

 BiasAdd(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input value,
  ::tensorflow::Input bias,
  const BiasAdd::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

DataFormat

Attrs DataFormat(
  StringPiece x
)