Google I / Oが5月18〜20日に戻ってきます。スペースを予約してスケジュールを作成する今すぐ登録する

tensorflow :: ops :: DataFormatDimMap

#include <nn_ops.h>

で指定された宛先データ形式でディメンションインデックスを返します。

概要

ソースデータ形式。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • x:ソースデータ形式の次元インデックスとして各要素を持つテンソル。 [-4、4)の範囲内である必要があります。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • src_format:ソースデータ形式。
  • dst_format:宛先データ形式。

戻り値:

  • Output :宛先データ形式の次元インデックスとして各要素を持つテンソル

コンストラクタとデストラクタ

DataFormatDimMap (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x)
DataFormatDimMap (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input x, const DataFormatDimMap::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
y

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

DstFormat (StringPiece x)
SrcFormat (StringPiece x)

構造体

tensorflow :: ops :: DataFormatDimMap :: Attrs

DataFormatDimMapのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

y

::tensorflow::Output y

公の行事

DataFormatDimMap

 DataFormatDimMap(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x
)

DataFormatDimMap

 DataFormatDimMap(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input x,
  const DataFormatDimMap::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

DstFormat

Attrs DstFormat(
  StringPiece x
)

SrcFormat

Attrs SrcFormat(
  StringPiece x
)