tensorflow :: ops :: DecodePaddedRaw

#include <parsing_ops.h>

文字列のバイトを数値のベクトルとして再解釈します。

概要

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • input_bytes:デコードされる文字列のテンソル
  • fixed_length:デコードされた出力の各要素のバイト単位の長さ。出力タイプのサイズの倍数である必要があります。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • little_endian:入力input_bytesがリトルエンディアンの順序であるかどうか。 uint8ように、1バイトに格納されるout_type値では無視されuint8

戻り値:

  • Output :入力bytesより1次元多いテンソル。追加されたディメンションのサイズは、 out_typeを表すためにバイト数で割ったbytes要素の長さに等しくなります。

コンストラクタとデストラクタ

DecodePaddedRaw (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input_bytes, :: tensorflow::Input fixed_length, DataType out_type)
DecodePaddedRaw (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input_bytes, :: tensorflow::Input fixed_length, DataType out_type, const DecodePaddedRaw::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

LittleEndian (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: DecodePaddedRaw :: Attrs

DecodePaddedRawのオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

DecodePaddedRaw

 DecodePaddedRaw(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input_bytes,
  ::tensorflow::Input fixed_length,
  DataType out_type
)

DecodePaddedRaw

 DecodePaddedRaw(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input_bytes,
  ::tensorflow::Input fixed_length,
  DataType out_type,
  const DecodePaddedRaw::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

LittleEndian

Attrs LittleEndian(
  bool x
)