tensorflow :: ops :: EncodeBase64

#include <string_ops.h>

文字列をWebセーフなbase64形式にエンコードします。

概要

base64形式の詳細については、次の記事を参照してください:en.wikipedia.org/wiki/Base64。 Base64文字列の末尾に「=」のパディングがある場合、エンコードされた長さは4の倍数になります。上記のリンクの「パディング」セクションを参照してください。

Webセーフとは、エンコーダーが+と/の代わりに-と_を使用することを意味します。

引数:

  • スコープ:スコープオブジェクト
  • 入力:エンコードされる文字列。

オプションの属性(参照Attrs ):

  • pad:両端にパディングが適用されているかどうかをブール値で指定します。

戻り値:

  • Output :base64でエンコードされた入力文字列。

コンストラクタとデストラクタ

EncodeBase64 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input)
EncodeBase64 (const :: tensorflow::Scope & scope, :: tensorflow::Input input, const EncodeBase64::Attrs & attrs)

パブリック属性

operation
output

公の行事

node () const
::tensorflow::Node *
operator::tensorflow::Input () const
operator::tensorflow::Output () const

パブリック静的関数

Pad (bool x)

構造体

tensorflow :: ops :: EncodeBase64 :: Attrs

EncodeBase64のオプションの属性セッター。

パブリック属性

操作

Operation operation

出力

::tensorflow::Output output

公の行事

EncodeBase64

 EncodeBase64(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input
)

EncodeBase64

 EncodeBase64(
  const ::tensorflow::Scope & scope,
  ::tensorflow::Input input,
  const EncodeBase64::Attrs & attrs
)

ノード

::tensorflow::Node * node() const 

operator :: tensorflow :: Input

 operator::tensorflow::Input() const 

operator :: tensorflow :: Output

 operator::tensorflow::Output() const 

パブリック静的関数

パッド

Attrs Pad(
  bool x
)